INFORMATION

PROFILE

日本語

学生の頃よりレゲエに目覚め、DJを経験後単身N.Yに渡る。

その後様々なジャンルの音楽やアート、人種や考え方に触れる内に日本人の持つ
独特の文化や感受性の高さ、奥深さに改めて気付き自らのオリジナリティーを求め帰国後和楽の門を叩く。

数年後、家元より尺八、篠笛を伝授され「整萌(せいも)」の名を授かる。

2011年よりソロとしての活動を本格化させ、フランスのビッグフェス「ArtRock2011」や
ドイツで開催された「FIFAwomen’sworldcupevents」「Nipponconnection」「japanfest2016」などに出演。

また、単独フランスツアーやドイツツアー、アフリカ公演を行い、
日本のみならず海外にも活動の場を広め高い評価を得る。

2017年、528Hz(ヘルツ)ミュージックの第一人者である
ACOONHIBINO(エイコンヒビノ)氏との出会いをきっかけに、
528Hzの持つ可能性に肝銘を受け、ACOONHIBINO氏に師事する事となる。

その縁から2017年7月、天河大弁財天社例大祭での奉納演奏や、
さいたまスーパーアリーナで行われたさだまさし主催の「風に立つライオン基金」イベントに出演。

現在ACOONHIBINO氏プロデュースのもと、
世界で初めて528Hzに調律された尺八・篠笛を手に
唯一無二の世界を表現している。


English

Seimo Yamaguchi began his musical journey playing guitar in high school.
After graduation he found work as a DJ in the club scene of Osaka.

His artistic drive eventually led him to New York City
where he immersed himself in the bohemian music and art of the Lower East Side.
Such cultural diversity helped him open his eyes to his own Japanese heritage,
and with a renewed sense of purpose he returned to his home country
to knock on the gates of traditional Japanese music.

Yamaguchi spent the next several years studying shakuhachi and shinobue
with the esteemed grand master Seido Inoue.
It was Seido Inoue-sensei who bestowed on Yamaguchi the ceremonial
name of Seimo to signify the level Yamaguchi had attained.

Yamaguchi then set out on a solo career blending
traditional Japanese music with modern Western influences.

While continuing to perform throughout Japan,
Yamaguchi has also appeared at Art Rock 2011 in France,
FIFA Women’s World Cup Germany 2011,
a music festival in the African country of Djibouti,
and the 2015 Nippon Connection film festival in Frankfurt.
Yamaguchi toured France in 2014, followed up by 2015&2016 tour of Germany.

BIOGRAPHY

2011年

  • 大阪club janusにてソロ1st album 「Tokinonakade」のリリースライブを行う。
  • 関西テレビ「music&whetherおはよう」3月期のイメージソングに自身の楽曲、skyhigh、minamoが起用される。
  • 京都「建仁寺」にて海外ブランド「Breguet」主催のイベントに出演。
  • フランスのビッグフェス「Art Rock2011」に出演。
  • FIFA women‘s world cup evevt(ドイツ)に出演。

2012年

  • 2nd album「HIKARIFURUBASHO」をリリース。

2013年

  • 津軽三味線奏者「大野敬正」氏の2作目となるヨーロッパ発album「SPARK」のレコーディングに参加。
  • 大阪天満宮にて奉納演奏。
  • 瀬戸内国際芸術祭2013のプレイベントに出演。作品No.125「海のテラス」にて
  • 笛フェスタ2013に出演。

2014年

  • アフリカ(ジブチ)でのイベントに出演。
  • 倭太鼓飛龍主催「WARRIOR-vol.1-」に出演。
  • 道明寺天満宮にて奉納演奏。
  • 自身初となる単独FRANCE TOURを行う。

2015年

  • Germany tourを行い成功を収める。
  • 国外最大級の日本映画祭「Nippon connection」に出演(frankfurt)。
  • 羽曳野市・オーストリア(ウィーン13区)の友好都市提携20周年記念イベントに出演。
  • 京都府・市、および稲盛財団主催、第31回京都賞のレセプションに出演。
  • マクラーレン名古屋オープニングレセプションに出演。
  • 笛フェスタ2015in大阪に出演。

2016年

  • 単独Germany tour(南ドイツ)を行い成功を収める。
  • ミュンヘン最大の日本祭「Japan fest2016」に出演。

2017年

  • 石清水八幡宮にて奉納演奏・天河大弁財天社例大祭にて奉納演奏
  • さだまさし主催の「風に立つライオン基金」イベントに出演。

DISCOGRAPHY

[ISHINDENSHIN-維新伝真-]

日本に伝わる真(まこと)の伝統を伝承し次世代へと紡いでいく、その中で自分というフィルターを通し邦楽という世界に新しい維新という名の風を巻き起こしより多くの人々へ日本の素晴らしさ,奥深さを感じてほしい・・それと本来の以心伝心の意味にある心と心で通じ合うという言葉とリンクさせ僕の音楽を聴いてくれるすべての人達の心根ふかくに染み渡り、何かをかんじてもらえれば、という想いを込めこの作品が生まれた。

※お求めはこちら  Download版はこちら

邦楽界の革命児、山口整萌が放つ第二弾ソロアルバム。尺八・篠笛という日本古来から伝わる伝統楽器を用い伝統を守りながらも伝統の枠を超え、常識をも覆す斬新かつ繊細なその音楽性は、聞く者の心に優しく、時に力強く、NEO JAPONESOUEの世界へといざなう。

※お求めはこちら  Download版はこちら

和楽器(尺八&篠笛)を使い洋楽との可能性を追求するアーティスト山口整萌による初のソロミニアルバム。新しくも懐かしく感じさせるこの音が現代社会に潜む闇や心の隙間を優しく時に力強く解き放つ。

  1. into by SAGE GREEN
  2. Smoke
  3. Yashiro
  4. Skyhigh
  5. Minamo
  6. Trick of fate
  7. Toki no nakade
  8. outro by SAGE GREEN

1500円(税込)

2013年11月16日に大阪のamHALLで行われた篠笛を中心としたライブイベント「篠笛フェスタ2013」のDVDです。 三組の笛奏者がみせる新しい和楽器の魅力をぜひ

ダイジェスト版の視聴(山口整萌のみ)

お求めはこちらから

MOVIE

WAGAKKI

尺八(しゃくはち)とは日本の木管楽器の一種である。リードのないエアリード楽器に分類される。中国の唐を起源とし、日本に伝来したが、その後空白期間を経て、鎌倉時代~江戸時代頃に現在の形の祖形が成立した。名称は、標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることに由来する。語源に関する有力な説は、『旧唐書』列伝の「呂才伝」の記事によるもので、7世紀はじめの唐の楽人である呂才が、筒音を十二律にあわせた縦笛を作った際、中国の標準音の黄鐘(日本の十二律では壱越:西洋音階のD)の音を出すものが一尺八寸であったためと伝えられている[2]。演奏者のあいだでは単に竹とも呼ばれる。英語ではshakuhachiあるいは、Bamboo Fluteとも呼ばれる。真竹の根元を使い、7個の竹の節を含むようにして作るものが一般的である。一般的に手孔は前面に4つ、背面に1つだが現代ではより複雑な音楽を演奏する為に手孔が前面に6つ、背面に1つの物も使用される。そのシンプルな見た目からは想像出来ないほど深く無限に広がる表現力は聞くものの心深くに響き渡る。(一部Wikipediaより抜粋)

篠笛(しのぶえ)とは日本の木管楽器の一つ。篠竹(雌竹)に歌口と指孔(手孔)を開け、漆ないしは合成樹脂を管の内面に塗った簡素な構造の横笛である。尺八やフルートと同じく「エアリード楽器」に分類される。主にお囃子、民謡、歌舞伎や文楽、日本舞踊など江戸時代に盛んになった庶民派の芸能に多く用いられてきた。現代では古典のみならず様々な音楽に使用され、その可憐で温かみのある音色は聞くものの心を魅了する。(一部Wikipediaより抜粋)